脱毛サロンと自宅脱毛を使い分けるコツ|自宅脱毛との併用

脱毛サロンと自宅脱毛を使い分けるコツ

自宅脱毛とサロン脱毛は、それぞれのメリットやデメリットを組み合わせて考えると併用するのがオススメです。
どのように組み合わせるのが効果的なのかご紹介しましょう。

まずサロン脱毛には12ヶ月の期間がかかるとプランを立てましょう。
その間にはオンシーズンである夏が来ますので、ムダ毛処理が完了していなければ、自宅脱毛でサポートしていきましょう。
順調にサロン脱毛が進むと、次のオンシーズンには自宅脱毛の負担もかなり軽減されますよ。
毛量・毛質によりますが、自宅脱毛の処理が必要なくなるほど脱毛効果を実感する方も多いですね。


脱毛サロンに通っている時には以下の事をすると、問題なくオンシーズンも過ごせます。
・ムダ毛への過剰反応を抑えるための事前シェービング
・ファッションへの制限をなくすための自宅脱毛フォロー
・自宅脱毛のリスクと手間は脱毛マシンの利用で最小限に

脱毛サロンでの施術の際は、エステティシャンが、コンディションを見てから施術するかどうかを判断します。
肌荒れがひどいと脱毛の施術は中止ですし、1~3日前のシェービングで剃り残しがあれば、エステティシャンがシールを貼って、光による過剰な反応を抑えます。

また、脱毛サロンでは即効性がありません。
これは、どなたでも条件が同じですね。
後々、しっかりした効果が出ますが、オンシーズンでは脱毛が完了していないパーツを隠すのにファッションの制限が出てしまいます。
例えば両ワキの脱毛に通っているなら、ノースリーブの服は着られないでしょう。
そこで自宅シェービングを併用して、服で隠す制限を出さない様に出来ます。

そして、自宅脱毛では肌トラブル・肌荒れのリスクが気になります。
しかし脱毛サロンのサポートとして自宅脱毛をしているなら、脱毛サロンでの施術時に光を当てたりジェルを塗布する効果で、肌にトラブルが出にくくなるので安心です。

この様にして自宅脱毛でサポートしていくと不便な思いをせずに、キレイな脱毛後の仕上がりに期待が出来ます。

肌や毛質にあったサロン脱毛が受けられると、高い効果が出ますので、今後、自宅脱毛で処理する必要がなくなっていきます。
サロン脱毛に通っている期間はファッションに制限が出るのが悩みです。
そこで、サロン脱毛と併用して自宅脱毛でサポートしていくことがオススメなのです。
自宅脱毛だけでは肌への負担が大きくなりますが、サロン脱毛の補助として使っていけば、ファッションに悩む事もありませんし肌にダメージが出にくいですよ。
いずれは自宅脱毛が必要なくなっていきますので、肌への負担もかかりませんね。

自宅脱毛だけをしている時より肌ダメージが軽くなり、通院治療のリスクも減ります。
サロン脱毛に通いながらの自宅脱毛は、施術日ごとに脱毛マシンの光を当てます。
そうすると脱毛マシンの光が肌のコラーゲン生成を促しながらムダ毛をなくすため、併用している自宅脱毛のダメージが、ほとんどなくなります。

脱毛サロンに通っている間は、自宅脱毛とサロン脱毛の両方をするのは手間がかかると思うかも知れませんが、この2つの方法を合わせて使うと相乗効果が感じられますよ。
この様な使い方をすると自宅脱毛のデメリットを軽くしながら、キレイな仕上がりを目指していけます。

脱毛サロンの選び方:まずは情報収集

脱毛サロンの選び方:部位別の注意点

脱毛サロンの選び方:年代別の注意点

脱毛サロンの選び方:体験予約でのチェックポイント

脱毛サロンの選び方:契約後のあれこれ

脱毛サロンの選び方:自宅脱毛との併用

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!