光脱毛で脱毛できない部位って?|脱毛方法の種類

光脱毛で脱毛できない部位って?

脱毛というと、ワキやすね毛などすぐに思いつきますよね。全身まとめて脱毛する、全身脱毛も流行しています。
ですが、全身とはいってもどんな部位や状況のムダ毛も脱毛できるわけではありません。

色素が強い部分

光(フラッシュ)脱毛は、特殊な光が毛の黒い色(メラニン)に反応することで、毛根部分を熱処理するという方法で脱毛します。そのため、皮膚の黒い部分にも反応して熱を与えてしまい、ダメージを受けることとなります。
例えば、以下のような状況の肌、部位に対しては脱毛することができません。

・ほくろ
・しみ
・あざ
・色素沈着
・日焼けしている肌
・乳輪周り
・刺青をしている箇所

日焼けや色素沈着は、程度によっては脱毛施術を受けられることもあれば、できないこともあります。ほくろなど光の照射を避けたい箇所には、保護のためにシールなどを貼って施術してくれたりと配慮してもらえるので、不安な点があればカウンセリングの時点で相談しておくようにしましょう。

粘膜部分

粘膜部分にも光脱毛の光を照射することができません、その理由は、粘膜部分がデリケートで傷つきやすいからです。個人差がありますが、粘膜部分は色素が濃い場合が多いため、光脱毛による熱でやけどの可能性が高いというのも理由にあります。粘膜が近いために脱毛しきれない可能性があるのはIOラインです、思ったよりも脱毛施術を受けられないことがあります。脱毛サロンやクリニックによっては、粘膜ギリギリまで脱毛施術してくれたり、粘膜部分も施術してくれるところもあるようです。IOラインの脱毛範囲はきちんと確認しておくといいでしょう。

脱毛サロンによって脱毛できない部位もある!

脱毛サロンによって脱毛できる部位、できない部位が異なる場合があるので注意が必要です。先にも触れたIOラインは、脱毛施術が難しくデリケートな部位ですので、脱毛サロンによっては脱毛できないことがあります。もう一つ、顔の脱毛についても脱毛サロンによって脱毛できる部位が異なります。顔の皮膚は薄くてデリケートであることと、目元に光が当たるのが危険であることなどから、脱毛サービスの提供が慎重になっています。そもそも顔脱毛自体ができない脱毛サロンもあれば、顔の中でも頬や額は脱毛できないなど様々です。
特に、鼻毛は粘膜部分ですので脱毛できる脱毛サロンがかなり限られています。


レーザー脱毛も、脱毛する仕組みは基本的に光脱毛と同じですので、脱毛できるできないの条件もほぼ同じです。今あげた他にも、妊娠中、薬の服用中、生理中など、いくつかの条件に当てはまると光脱毛を受けることができない場合があります。希望の部位が脱毛できるかどうかは、まずその脱毛サロンで聞いてみるのが最もてっとりばやいですので、不安があるようなら無料カウンセリングで相談してみましょう。

脱毛サロンの選び方:まずは情報収集

脱毛サロンの選び方:部位別の注意点

脱毛サロンの選び方:年代別の注意点

脱毛サロンの選び方:体験予約でのチェックポイント

脱毛サロンの選び方:契約後のあれこれ

脱毛サロンの選び方:自宅脱毛との併用

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!