脱毛サロンでの脱毛方法の種類|脱毛方法の種類

脱毛サロンでの脱毛方法の種類

脱毛サロンで脱毛する場合には、脱毛方法の種類は何があるのでしょうか?主に使われているのは「光脱毛」ですが、一部のサロンでは光脱毛以外の脱毛方法を提供しています。

光脱毛

ミュゼも、銀座カラーも、脱毛ラボも、ほとんどの脱毛サロンでは、「光脱毛」という脱毛方法が採用されています。
メラニン色素に反応する特殊な光を照射することで、毛根の細胞組織に対して作用し、脱毛(発毛させないように)するという方法です。
痛みも少なく、脱毛部位に光を照射するだけですので短時間で施術が終了します。
各サロンのウェブサイトを確認すれば脱毛方法を確認できますが、「メラニン色素に反応して」とか、「痛くない」、「光を照射する」などの表現があれば、光脱毛という方法と考えていいでしょう。
「S.S.C方式」とか、「IPL脱毛」などの表示をしている脱毛サロンもありますが、いずれも光脱毛の一種です。
サロンによって使っている光や機械が異なるので、脱毛方法の説明については各サロンでまちまちになります。

電気脱毛(ニードル脱毛)

一つ一つの毛穴にごく細い針を通して、電気や高周波によって毛根部を破壊するという脱毛方法です。
大手の脱毛サロンでは珍しい方法となりましたが、TBCのスーパー脱毛はこの方法です。毛の一本一本に対して手作業で施術するので、確実な脱毛効果が期待できるというメリットがあります。
デメリットとしては、光脱毛と比べて痛みを感じやすいことと、施術に時間がかかること、施術者に高い技術が必要となります。
産毛など、色素の薄い毛なども脱毛できるので、完全にツルツルな肌にしたい人には向いているでしょう。
広範囲の脱毛には時間がかかるすぎるので、ワキなどの狭い部位や、光脱毛ができない部位(IOライン)、Vラインをデザインして脱毛したい場合などでも、電気脱毛が有効です。

ワックス脱毛

毛と接着する性質のある脱毛用のワックスを脱毛したい部位に塗って、一気に剥がすことで脱毛するという方法です。
あくまで一時的な脱毛方法なので、脱毛してもまた生えてきます。月に1回程度通い続けることが必要でしょう。
代表的なサロンに、アンジェリカなどがありますよね。
生えている毛をすぐに脱毛できるのと、VIOラインでも利用でき、キレイに仕上げることができます。
無理やり抜いてしまう方法なので、痛みが強いことと、一時的な脱毛方法でしかないというデメリットがあります。
欧米では主流の脱毛方法ですが、日本人の毛は濃くて毛根が深いので、より痛みを感じやすいということもあるようですね。

ハイパースキン脱毛

近年登場した新しい脱毛方法に、「ハイパースキン脱毛」があります。ハイパースキン脱毛は、「生えていない毛」が生えてこないようにする脱毛方法です。
光脱毛やレーザー脱毛は、熱が発生する方法なので少なからず痛みを感じることがありますが、ハイパースキン脱毛は38℃程度の温度までしか上がらないので、
痛みがなくて肌に優しいというメリットがあります。こどもでも出来る脱毛法として、人気が出てきているようです。光脱毛に比べると、まだ少し高額な傾向があります。


脱毛、というと「レーザー脱毛」もよく聞きますが、この方法は医療機関でしか受けることができません。
レーザー脱毛は医療行為にあたるため、脱毛サロン・エステサロンという業態で使用することは違法になります。
万が一、エステサロンであるにも関わらず、レーザー脱毛との表記がある場合は注意したほうがいいでしょう。
大手の脱毛サロンならそのようなことはないので安心です!

脱毛サロンの選び方:まずは情報収集

脱毛サロンの選び方:部位別の注意点

脱毛サロンの選び方:年代別の注意点

脱毛サロンの選び方:体験予約でのチェックポイント

脱毛サロンの選び方:契約後のあれこれ

脱毛サロンの選び方:自宅脱毛との併用

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!