脱毛サロン解約時の注意点|契約後のあれこれ

脱毛サロン解約時の注意点

現在通っている脱毛サロンに対して、何かしらの不満があるのであれば、ストレスを貯める前にさっさと脱毛サロンの乗り換えをお勧めします。 脱毛サロンとは長い付き合いをするからこそ、躊躇していては時間がもったいないですよね。 しかし脱毛サロンの乗り換えをするということは、現在通っている脱毛サロンを解約するということ。 脱毛サロンの解約には2種類ありますので、詳しく説明していきましょう。

クーリングオフ制度

脱毛サロンで解約、というと、よく話に出るのがクーリングオフ制度です。 これは脱毛サロンで契約した契約が、完全に無効になるものです。 もし無理やりな勧誘をされ、断り切れずに契約した契約があるようなら、それはこちらを利用できる可能性が高いですね。 しかし、この制度を利用するには第一条件に、「契約日から8日以内」である必要があります。 これでは不満が出てから利用するのは、遅すぎることが多いのです。 ですので、今回はクーリングオフ制度に関しては、ここまでの説明としておきます。

中途解約

脱毛サロンで契約したコースを途中で解約、という場合には、中途解約を利用します。 クーリングオフ制度が利用できない場合の解約の方法になります。 しかしこれに関しては、契約した脱毛サロンによって大きく違ってくる項目があります。 それは、「解約手数料や違約金」「振込み手数料」「返金分の計算方法」などです。 これらの違いは、金額が大きなものになりますので、中途解約をしようと思った時に、すぐ契約書を確認するようにしてください。 その中でも「解約手数料」や「違約金」は、大体2万円程度になることが多く、本当に大きな金額になります。 もちろん、これらが無料となっている脱毛サロンもありますが、少ないのが現状です。

解約手数料や違約金で注意すべきこと!

解約をする際、解約手数料や違約金の名目で取られる金額ですが、しっかり確認するようにしましょう。 なぜなら、この金額は法律で上限を決められているからです。

<クーリングオフ期間経過後、まだ施術を一度も受けていない場合>
上限2万円

<既に施術を受けている場合>
「2万円」もしくは、「未施術残金の10%」のどちらか低い金額が上限

例えば、 20万円の契約をし、すでに15万円分の施術が終わっているなら、残金は5万円。 このうちの10%は5千円ですね。 ですので、この場合には5千円が解約料の上限ということです。

このように、細かく金額の上限が決まっていますので、それに従って請求されているのか、確認するようにしてくださいね。

脱毛サロンの選び方:まずは情報収集

脱毛サロンの選び方:部位別の注意点

脱毛サロンの選び方:年代別の注意点

脱毛サロンの選び方:体験予約でのチェックポイント

脱毛サロンの選び方:契約後のあれこれ

脱毛サロンの選び方:自宅脱毛との併用

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!