妊娠中、生理中の脱毛について|脱毛のキホン

妊娠中、生理中の脱毛について

妊娠中や生理中は脱毛できない、というのはよく聞く話ですよね。でもその理由って一体どうしてなのでしょう?

妊娠中は脱毛できない理由

脱毛エステサロンでも、クリニックでも妊娠中に脱毛施術を受けることができません。その理由は、妊娠中はホルモンバランスが変わってしまって脱毛効果が出にくくなってしまうからです。妊娠中はNG、と聞くと脱毛する際のレーザーや光が胎児に影響を及ぼすから?という質問も多いですが、脱毛に使うレーザーや光の波長は安全なものですので問題ないと言われています。ですが、脱毛の際に痛みを感じたり、脱毛部位によっては妊婦に無理な姿勢を取ることもあるので、ストレスにつながる可能性はあります。妊娠中、もしくはその予定があるようでしたら、出産後落ち着いてから脱毛を始めるといいでしょう。

生理中は脱毛できない理由

生理中の脱毛については、部位や脱毛サロンの判断によって様々ですが、基本的には脱毛することができません。VIOラインなどデリケートゾーン以外なら受けられる場合もありますが、体調や脱毛効果の面からも生理中の脱毛は避けた方がいいでしょう。妊娠中の脱毛ができない理由と同様で、生理中もホルモンバランスが崩れやすく脱毛効果が出にくい状態にあります。また、生理中の肌は敏感で痛みを感じやすく、肌トラブルも起こりやすい状態でもあります。せっかくお金をかけて通っている脱毛ですので、1回の予約が無駄にならないように、効果が出やすいタイミングで通う方がお財布にも優しいですよ!自宅で行うムダ毛のお手入れも、お肌が敏感になっている生理中は控えた方がいいでしょう。

家庭用脱毛器なら使ってもいい?

ケノンなど、フラッシュ式の家庭用脱毛器を使って自宅で脱毛するという人もいるかと思います。妊娠中に胎児への影響や、そもそも自分自身の健康状態への影響、という意味では、家庭用脱毛器は妊娠中や生理中の利用も可能です。ですが、妊娠中に脱毛できない理由を先に挙げた通り、脱毛器を使うことで何かしらのストレスを感じることは十分に考えられます。理論上問題ないとは言え、何かと気を使う妊娠中ですから、少しでも心配があるようなら使用するのを控えるべきでしょう。生理中についてはもちろん利用可能ですが、肌トラブルの危険や脱毛効果という面で、生理が終わるまで数日待つのが賢い選択と言えます。いつでも何度でも使える家庭用脱毛器とは言え、1回の照射あたりにランニングコストもかかりますし、より効果が出やすいタイミングで使うのがおすすめです!

もし脱毛施術を受けた直後に妊娠が判明した場合も、基本的には胎児への影響はないと考えられていますので安心してくださいね。どうしても心配になってしまった場合は、担当の医師に相談してみましょう。心配しすぎることは妊婦さんにとって悪影響でしかありません、ストレスを溜めないような生活を心がけてくださいね!



脱毛のキホン

脱毛方法の種類まとめ

部位別の脱毛まとめ

自宅でのムダ毛処理まとめ

家庭用脱毛器まとめ

肌質別の脱毛まとめ

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!