家庭用脱毛器の選び方|家庭用脱毛器まとめ

家庭用脱毛器の選び方

ここ数年で、自宅で使える家庭用脱毛器を使って脱毛するという女性はかなり増えています!一昔前までは、脱毛効果の永久性について疑問がある家庭用脱毛器は多かったようですが、中には脱毛サロンやクリニックで脱毛するのと近い効果がある脱毛器も登場しているんです!ケノンやセンスエピを始め、人気の脱毛器は使い続けることでムダ毛が減った、生えてこなくなったという声が多数ありますよ!家庭用脱毛器にはいろいろな種類があるので、選び方のポイントを紹介します!

フラッシュ式かレーザー式を選ぶ!

例えば「家庭用脱毛器」をネットで検索してみると、とてもたくさんの製品が出てきます。ただムダ毛をその都度処理するのではなく、使うことで毛を少なくするような効果を家庭用脱毛器に求めるなら、フラッシュ(光脱毛)式もしくはレーザー方式の脱毛器を選ぶようにしましょう。いずれも数万円~10万円など、脱毛器にしては高いと思われる金額ですが、その分きちんと脱毛することが可能です。広範囲の処理がしやすくて比較的痛みが少ないのがフラッシュ式で、照射範囲が狭いが脱毛効果が高く、痛みを感じやすいのがレーザー式と覚えておけばいいでしょう。

消耗品の価格にも注意!

何かを購入する際に重視するのはやっぱり価格ですよね。同じ効果、機能なら安い方を選びたいものです。家庭用脱毛器の価格は製品やブランドによって様々ですが、本体価格だけで比較することはできません。フラッシュ式の脱毛器はカートリッジが消耗品になっていて、カートリッジの価格と照射回数が異なります。本体が安い脱毛器でも、カートリッジの回数が少なく、脱毛を続けている内に結構な出費になってしまっているということもあります。その製品の公式ページや比較サイトに行けば、照射1回あたりのコストを表示していることが多いですので、確認しておきましょう!レーザー式の脱毛器はカートリッジの交換はありませんが、バッテリーの交換が必要になります。

脱毛したい部位と照射面積に注目!

フラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器は、ムダ毛処理したい部分に対して光やレーザーを当てて脱毛しますが、その製品によって一度に照射できる面積が異なります。例えばレーザーの家庭用脱毛器で人気のトリアは照射面積は1㎝×1㎝ですが、フラッシュ式のケノンは最大で3.7㎝×2.5㎝の照射面積があります。ワキやVラインなど、細かい部位の脱毛をしたい場合は狭い照射面積のもの。腕や脚など、広い範囲の脱毛をしたい場合は一度に広く照射できるものがおすすめです!

意外にも重要なのは本体の重さ!

値段や出力レベルについてはよく調べると思いますが、実は重視したいのが本体の重さです。照射しながら少しずつ脱毛器を移動させて使います。いくら一度に照射できる範囲が広い脱毛器でも、両腕や両足全てを脱毛しようと思ったら結構時間がかかるのです。そのときに本体の重さがあると使い勝手が悪いですし、ワキやVラインなど細かい部位に照射するときにずれたりしてムラができやすいです。


脱毛器を選ぶ際に確認してほしいのは、主に上の4つのポイントです!機能と予算の優先順位をしっかりつけて、自分にとって最適な脱毛器を選んでみてください!



脱毛のキホン

脱毛方法の種類まとめ

部位別の脱毛まとめ

自宅でのムダ毛処理まとめ

家庭用脱毛器まとめ

肌質別の脱毛まとめ

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!