ムダ毛が減る?豆乳ローションの作り方|自宅でのムダ毛処理まとめ

ムダ毛が減る?豆乳ローションの作り方

豆乳やパイナップルを使った抑毛ローションは商品も色々あって、人気ランキングサイトなんかもよく目にしますよね。でも、抑毛ローションは豆乳を使って自宅で作ることもできるんですよ!豆乳ローションはムダ毛だけではなく、バストアップや黒ずみの解消にもなるなど様々な美容・美肌効果もあります。とっても簡単なのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

必要なものはたったこれだけ!

【材料】
・成分無調整豆乳 400ml
※大豆固形分が10%のものが最適です
・エタノール 40mlほど
(入れるとサラサラのローションになります)
・レモン2個

【器具】
・完成したローションを入れる容器
・コーヒーフィルター
(・キッチン用温度計があると便利!)

材料はスーパーとドラッグストアに行けばすぐに入手できるもの、必要な器具は家にあるものばかりです!

作り方

①レモンを絞ります。
レモンの皮部分にはシミに繋がる可能性がある成分が含まれるので、皮を向いてから絞ったり、皮の周りにティッシュペーパーを巻いて絞るなどして注意します。

②豆乳を小鍋で弱火にかけます。
焦げ付かないように混ぜながら、膜(湯葉)ができてしまわないように注意します。温度計があれば、60~65℃になるまで温めます。膜ができてしまうと、抑毛に有効な成分が壊れてしまうので気を付けてください!

③レモン汁を入れます。
豆乳が分離して、とろとろにになってきたら火を止めましょう。

④エタノールを入れる
火をつけたまま入れるのは引火の可能性があり危険ですので、必ず火から下します。アルコールでも代用OKですし、入れなくてもローションになります。このあたりはお好みで調整しましょう。

⑤コーヒーフィルターでこす
絞りかすは美肌パックにも使うことができます。ザル、サラシ、キッチンペーパーでこしてもOKです。さらに殺菌したい場合は、再び65℃程度で加熱殺菌します。

⑥粗熱がとれたら容器にうつして完成!
冷蔵庫で保管すれば1ヶ月使うことができますし、冷凍庫でも半年間保存できます。解凍するときは自然解凍で、電子レンジは使わないでくださいね。作った日をラベルとして容器に貼っておくのがおすすめです!


実際に使う場合は、念のためパッチテストを忘れないでくださいね!シンプルな手作りコスメなら顔にもボディにも心配なく使えて、愛着も湧いてムダ毛ケアも楽しくなりそうです。一度に作り置きできるので、今度の休日に作ってみてはいかがでしょうか?



脱毛のキホン

脱毛方法の種類まとめ

部位別の脱毛まとめ

自宅でのムダ毛処理まとめ

家庭用脱毛器まとめ

肌質別の脱毛まとめ

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!