知っておきたい埋没毛の原因と対策|自宅でのムダ毛処理まとめ

知っておきたい埋没毛の原因と対策

ムダ毛を自分で処理しているという女子に起こりがちなトラブルの1つが「埋没毛」です。埋没毛はとっても目立つし、なってしまったら自分ではどうしようもないので絶対に避けたい肌トラブルの一つです!

埋没毛って何?

体毛は本来、毛穴に沿って皮ふの外に向かってきちんと伸びていきます。ですが、抜いたり剃ったりなど無理にむだ毛の処理をすることで、本来伸びていくはずの方向に伸びることができず、皮膚の中で成長を続けてしまう状態のことを埋没毛と言います。毛穴の周辺でくるくると成長しているので、毛穴が黒く目立ちますし、表面には出てこないので処理することができません。

埋没毛の原因とは

カミソリによる深剃りと、毛抜きなどによって無理に引き抜くことが埋没毛の主な原因です。よりキレイにムダ毛を無くそうとして深剃りする場合があると思いますが、深剃りすると肌の表面より低い位置で毛を切ることになります。剃ったことで毛先が鋭角になり、成長する際に毛穴の中で角が引っかかってしまって上手く皮膚の外へ伸びることができなくなるのです。
そして皮膚の中で、横に向かったりくるくる回ったり成長してしまい、埋没毛となります。毛抜きによって抜いた毛が、毛根から抜けずに途中で切れてしまうことも、これと同じ仕組みで埋没毛になりやすいです。もしくは、毛根からしっかり抜いて処理したとしても、毛根の丸い部分が抜ける際に毛穴に傷をつけてしまいます。毛穴が傷つくと、傷と部分がくっついてしまったり、かさぶたができて毛穴をふさいでしまいます。毛穴がふさがってしまっては成長する毛の出口がなくなってしまうので、皮膚の中で伸び続けてしまうので、これも埋没毛になるのです。

埋没毛の対策は?

カミソリで処理する場合は、深剃りしないように注意すること。それから、毛抜きでの処理はしないことで埋没毛を防ぐことができます。毛を抜くタイプの脱毛器や、ワックス、脱毛テープでの処理も埋没毛になりやすいです。どうしても抜いて処理したい場合は、毛流れに沿って真っすぐ引き抜くと、ダメージが少なく済みます。定期的にスクラブで角質を落としたり、むだ毛処理をした後は保湿クリームを塗っておくなど、スキンケアに気を使うのも予防策の一つです。もしも埋没毛ができてしまった場合は、無理やりに毛穴をほじくるなどは絶対にしてはいけません。伸びてくるのを待ってから、処理するようにしましょう。


サロンやエステできちんと脱毛することは埋没毛の対策にもなります。光脱毛は埋没毛でも反応して脱毛処理が可能です。腕や脚など目立つ部位に埋没毛ができてしまったら、実際に体験コースで相談してみるのも良さそうですね。

ワキの埋没毛の脱毛ならミュゼプラチナムがおすすめ



脱毛のキホン

脱毛方法の種類まとめ

部位別の脱毛まとめ

自宅でのムダ毛処理まとめ

家庭用脱毛器まとめ

肌質別の脱毛まとめ

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!