肌質別脱毛のキホン|肌質別の脱毛まとめ

肌質別脱毛のキホン

どのような肌質の方であっても、ムダ毛が気になってしまった以上、脱毛したいという欲望が膨らむことでしょう。
でも、自分の肌質では脱毛を行えないのでは?
そのような悩みを抱えている肌質の方もいらっしゃることでしょう。
結論をお話しますと、脱毛を行うことができない肌質というのはありません。

脂性肌の脱毛

脂性肌の原因は、洗顔のし過ぎや油分の多い食事の摂取などが考えられますが、このタイプの肌の特徴は常に肌に油分が溜まりやすく、外部からの汚れが付着しやすいことが挙げられます。
つまり、肌に体毛を残している状態よりも、脱毛を行っておいたほうがそのようなトラブルを回避できる確率が上がるということです。
とはいえ、毎日カミソリやシェーバーを使用してしまっては肌を傷める原因ともなりかねません。
また、頻繁な除毛クリームの使用も肌への負担が大きくなります。神経質になる必要はありませんが、脂性肌の方はなるべくこまめに脱毛することが望ましいでしょう。

混合肌の脱毛

これは乾燥肌と脂性肌、乾燥肌と普通肌が混在している状態であり、それぞれの部位の状態により、お手入れ方法を使い分ける必要があるからです。
特にこのタイプの方が顔の脱毛を考えた場合、ひとまずフェイシャルエステで肌成分のバランスを整えたのちに脱毛を行うことがベスト。
というのは、フェイシャルエステでは、暖かいタオルなどを使用し、肌へ美容液を浸透させるため、肌成分のバランスが整うから。
美容液の浸透という言葉からは、乾燥肌に対応した施術のような印象を受けるのではないかと思いますが、実は脂性肌も乾燥が原因であることが多いんです。
ご自身が混合肌であると感じている場合には、ひとまず1度だけフェイシャルエステを受けてみてはいかがでしょうか。
それが難しいのであれば、洗顔後には必ず保湿を行い、部分的な乾燥肌の改善を行ってから脱毛することをオススメします。

普通肌の脱毛

普通肌で特に肌トラブルが見られない場合には、脱毛に関して特筆すべき注意事項はありません。
ただし、薬品によるアレルギー反応などのトラブルがいきなり現れることも少なくはありません。そのような場合には、なにが肌トラブルの原因となったのかを知ることが先決です。まずは皮膚科に相談し、できれば使用した除毛クリームなどに配合されている成分を調べてもらうと良いでしょう。

乾燥肌の脱毛

乾燥肌の原因には、ホルモンバランスの崩れや洗顔のし過ぎが挙げられます。
このタイプの肌質の方の脱毛は慎重に行う必要があり、なるべく肌への負担が軽い脱毛方法を選択する必要があります。
つまり、カミソリやシェーバーなど、肌の表面の油分も同時に取り去るような除毛の方法は適さないということ。
できれば美容外科など医療機関での医療脱毛をオススメしたいところですが、それが難しい場合には、低刺激性の除毛クリームやワックスでひとまず様子を見ましょう。
そして、処理後には必ず保湿ローションでの保湿をお忘れなく。

敏感肌の脱毛

このタイプの肌質の方は、セルフでの脱毛は危険です。というのは、敏感肌とはなんらかの物質に対して過敏に反応しやすく、その原因を追及することが先決だからです。
肌がなにに対して過敏な反応(アレルギー反応)を起こすのかを知ることにより、おのずから脱毛方法の選択肢が制限されます。
ですが、このタイプの肌質であっても脱毛を行えないということはありませんので、ひとまず皮膚科、美容皮膚科、美容外科などの医療機関に相談し、慎重な脱毛を行うことを心がけましょう。



脱毛のキホン

脱毛方法の種類まとめ

部位別の脱毛まとめ

自宅でのムダ毛処理まとめ

家庭用脱毛器まとめ

肌質別の脱毛まとめ

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!