部位別脱毛のキホン|部位別の脱毛まとめ

部位別脱毛のキホン

部位別の脱毛方法についてまとめました。部位ごとに注意が必要なポイントがあるので気をつけましょう。

1.顔脱毛

エステや美容外科で行うことのできる顔脱毛の方法には、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛があります。
顔は、皮下に多くの神経が通っている非常にデリケートな部分であるだけに、脱毛サロンでも美容外科でも身体の脱毛よりも低い出力で施術を行うことが一般的なようです。
また、男性のヒゲ脱毛の場合ではニードル脱毛で施術を行うことが多いようですが、強い痛みに挫折してしまう方も多いのだとか。
そのような場合には、いったんレーザーやフラッシュなどの方法に切り替えてみるのもひとつの方法でしょう。

2.脇脱毛

自己処理で最もトラブルが発生しやすいのがこの部分の脱毛です。
よく耳にするトラブルには「埋没毛になってしまった」、「カミソリで処理を行っていたら黒ずみができてしまった」、「肌荒れが酷くなってしまった」というもの。
これらの原因となるものは、長年無理矢理毛を抜き続けてきた、カミソリなどでギュウギュウと力を入れて処理を行ってきた、などが起因していることが考えられます。
脱毛サロンや美容外科で行う脇脱毛には、ニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛がありますが、肌荒れが酷い場合にはいきなり機械を使用せず、ワックス脱毛で様子を見る場合もあるようです。

3.背中脱毛

自己処理を行うことが困難な部位です。
この部分の脱毛は、レーザーあるいはフラッシュによる脱毛が一般的なようで、脇、腕、脚などの脱毛と比較した場合、低い出力で施術が行われています。
この部分の脱毛は除毛クリームでの自己処理も可能ですが、クリームの洗い流しによる肌荒れや脱毛が行えている部分とそうでない部分のムラができるというトラブルが考えられますので、できるだけ専門家に任せることをおススメします。

4.腕・脚脱毛

この部分には、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛が適しており、家庭用脱毛器での自己処理も比較的簡単に行うことのできる部分です。
この部分の毛の密集度には大きな個人差があり、施術回数の差による施術費用に大きな差異が生じやすいといいうのが大きな特徴です。
たとえば、脱毛サロンや美容外科で「○回分、○○円」という料金を提示していても、それを大幅に超える施術回数が費用になる場合も少なくはないということを、頭に入れておきましょう。

5.VIO脱毛

デリケートゾーンと呼ばれている部分です。
普段あまり人目に触れることがない部分だけに、脱毛サロンや美容外科での施術をためらっている方は多いのではないでしょうか?
ですが、デリケートゾーンゆえに、プロに任せたほうが安全であるという考え方もあります。
この部分は除毛クリームやワックスでのセルフ処理が行えなくもない部分ではありますが、デリケートソーンだけに、薬品や化粧品に配合されている成分には十分な注意が必要です。
また、カミソリやシェーバーなどの使用は非常に危険ですのでおススメすることはできません。
エステや美容外科でこの部分の処理を行う場合には、ニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛が採用されていますが、皮膚が薄く非常に敏感な部分だけにニードル脱毛やレーザー脱毛の希望者は少なく、現在ではフラッシュ脱毛が主流となっているようです。
他人に見られてしまうのが少々照れくさいデリケートゾーンではありますが、脱毛サロンや美容外科ではその部分の配慮もなされた上で施術が行われますので、気になっている方は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。



脱毛のキホン

脱毛方法の種類まとめ

部位別の脱毛まとめ

自宅でのムダ毛処理まとめ

家庭用脱毛器まとめ

肌質別の脱毛まとめ

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!