家庭用脱毛器の選び方と注意点|脱毛方法の種類まとめ

家庭用脱毛器の選び方と注意点

今の家庭用脱毛器はとても優秀です。大きく分けるとフラッシュ脱毛器、レーザー脱毛器、抜くだけの脱毛器の3種類です。その中でもおすすめなのが、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器です。自宅でサロン並みの脱毛ができることで注目されています。

フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器には、どのようなメリットデメリットがあるのか、どの部位の脱毛に向いているのか...このような疑問をまとめました。

家庭用脱毛器のメリットとデメリット

家庭用脱毛器には、メリットとデメリットがあります。

・メリット
家庭用脱毛器のメリットは、永久脱毛できることです。今まで永久脱毛を自宅でやるのは、不可能でした。でもフラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器は、エステやクリニック並みの脱毛を、自宅でやることができます。

さらに一度買えば、ずっと使えてコストパフォーマンスもかかりません。自宅に一台あれば、ずっと使えます。エステやクリニックのように予約もいらないので、とても便利です。

・デメリット
家庭用脱毛器のデメリットは、サロンと比較すると効果が劣ります。出力数を低めに設定しているので、効果が出にくいです。さらにフラッシュ脱毛器は、カートリッジ代がかかります。ヘタをすると、サロンよりかかることも...。自分でやるので、やりづらい部位を脱毛するのも大変です。

家庭用脱毛器に向いている部位

家庭用脱毛器にはフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器があります。ふたつにはそれぞれ向いている部位があります。

・フラッシュ脱毛器
フラッシュ脱毛器は、基本的に全身の脱毛をやることができます。顏への利用もOKです。ただ説明書には、Iライン、Oラインの脱毛は控えるよう、記載があります。皮膚がデリケートで色素沈着を起こしやすい部位なので、もしやるのなら様子を見ながら、自己責任でやりましょう。

・レーザー脱毛器
レーザー脱毛器は、濃いムダ毛への効果が高いです。たとえばワキ・ヒザ下・Vライン...などは、よく脱毛できます。ただ、うぶ毛への効果が薄いのが欠点です。このようなことから濃いムダ毛に悩む人に、おすすめです。

家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器も、エステや医療機関の脱毛と同じように、やけどなどの肌トラブルのおそれがあります。回避するためにやるべきことをまとめました。

・冷却する
脱毛前と脱毛後はしっかり冷やしましょう。しっかり冷やせばやけどを防げます。

・日頃から保湿をやる
しっかり保湿をやりましょう。保湿は、脱毛効果を高めるため、やけどをおこさないためにとても大切です。脱毛で肌が乾燥しがちなのでしっかりやりましょう。

・色素沈着の部位は注意する
色素沈着のある部位は使用を控えましょう。やけどのおそれがります。

・日を開けてやる
毎日やるのはやめましょう。脱毛器は肌への負担が大きいので、連続して使ってはいけません。最低でも10日から2週間あけてからやるようにしましょう。

家庭用脱毛器は、エステや医療機関と同じ脱毛と言っても、安全を考慮し、弱い出力で設定してあります。取扱説明書にかかれている事項にしっかり目を通してから使いましょう。


家庭用フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の最大の魅力は、永久脱毛できることです。ムダ毛処理のわずらわしさから解放されるので、とても魅力ですね。でもいくつか注意したいこともあるのでしっかり守りましょう。もし面倒に感じるなら、脱毛サロンがおすすめですよ。



脱毛のキホン

脱毛方法の種類まとめ

部位別の脱毛まとめ

自宅でのムダ毛処理まとめ

家庭用脱毛器まとめ

肌質別の脱毛まとめ

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!