ムダ毛を抜く方法の種類と注意点|脱毛方法の種類まとめ

ムダ毛を抜く方法の種類と注意点

剃る処理でイマイチ満足が得られない...そんなときにやってしまうのが、毛を抜く処理です。多くの人が試したことがある方法でしょう。毛を抜く処理は大きくわけて3種類です。

・毛抜き
・抜くだけの家庭用脱毛器
・脱毛テープ、脱毛ワックス

ムダ毛を抜けば効果的に脱毛できるかも!と感じますが...毛を抜く処理は、おすすめできません。抜く処理にもいろいろな方法がありますが、結果的には同じことになります。ここではその理由を中心に紹介しましょう。

毛を抜く処理のメリットデメリット

毛を抜く処理には、メリットとデメリットがあります。

・メリット
毛を剃る処理と比較すると、抜く処理はムダ毛の生えてくるペースが遅くなります。

・デメリット
実はデメリットだらけなのが、ムダ毛を抜く処理です。抜く処理は、毛穴からムリヤリ引き抜くので、痛みが強く、肌への負担がとても大きいです。処理するたびに、毛穴を炎症させてしまいます。繰り返すと色素沈着をおこし、よけい毛穴を目立たせてしまいます。

さらに雑菌が毛穴に繁殖しやすくなります。毛抜きや脱毛器についた雑菌が毛穴に付着すれば、処理するたびに炎症を繰り返すようになりかねません。ひどくなると皮膚がただれ、毛穴が化膿し、皮膚科行きになってしまいます。

毛を抜く処理に向いている部位

毛を抜く処理に向いている部位は...ありません。抜く処理は避けたいものです。特にムダ毛の濃い部位を抜くと、炎症が目立ちます。デリケートな部位を抜くと、より症状がひどくなるので、やらないのをおすすめします。

毛を抜く処理の注意点

毛を抜く処理の注意点をまとめました。たくさんあるので、ぜひ読んでください。

・ムダ毛は抜かないが一番!
毛を抜く処理をやるきっかけは、剃るだけではポツポツと黒い毛穴が目立つから、抜けば目立たなくなるかも...と思って始める人が多いでしょう。でもそれは逆効果です。ポツポツの黒い毛穴よりも、炎症した毛穴のほうが、見た目が汚く、お肌に負担がかかります。もっと悪化させてしまう原因になります。

・毛を抜くアイテムはどう使う?
抜くだけの脱毛器・脱毛テープ・脱毛ワックスが商品化されていると、キレイに脱毛するために役立つのだろう...と思います。でも実際に使うと、抜く処理を効率的にやるためだけに、あるものなのだ...と実感します。

*抜くだけ脱毛器
一本一本やる毛抜き処理を効率的にするための脱毛器です。短時間でムダ毛を抜けます。

*脱毛テープ
テープにムダ毛をはって、一気にはがします。使い切りなので短時間でムダ毛を脱毛できますが、数本のムダ毛が残ってしまいます。

*脱毛ワックス
ムダ毛が隠れるようにワックスを塗って、シートを貼って乾かします。乾いたら一気にムダ毛をはがしとります。脱毛効果はテープ以下...半分くらいのムダ毛が残ってしまいます。さらにワックスの後処理が面倒で、メリットがひとつもありません。

・それでもムダ毛を抜きたいのなら清潔重視でやる
ムダ毛を抜く処理をやるのはおすすめできません。それでもやりたい方は毛抜きや脱毛器の消毒をしっかりやりましょう。その点、脱毛テープやワックスは、使い切りなので雑菌の繁殖を抑えられ、炎症を防げる可能性が高くなります。でも脱毛効果が低いというデメリットがあります。

ただ清潔重視だからといって、ムダ毛を抜くたびに肌を消毒するのはいけません。肌バリア機能を低下させ、肌そのものを弱らせてしまいます。


抜く処理は、肌へのダメージが強く、おすすめできません。それぞれの方法にメリットがありますが、デメリットの方が大きいのでやらないほうが無難でしょう。抜くだけ脱毛器や脱毛ワックスを買うのなら、脱毛サロンにお金をかけたほうが、一生ムダ毛が生えてこなくなるのでおすすめです。



脱毛のキホン

脱毛方法の種類まとめ

部位別の脱毛まとめ

自宅でのムダ毛処理まとめ

家庭用脱毛器まとめ

肌質別の脱毛まとめ

目的別おすすめ脱毛サロンまとめ

脱毛サロンおすすめ一覧

今おすすめの脱毛サロン一覧です。選ぶ時のポイントや口コミ評判をまとめています。



都道府県別おすすめ脱毛サロン

都道府県別の脱毛サロンおすすめ一覧です。地域ごとにおすすめ脱毛サロンや住所などをまとめています。

このサイトについて

このサイトでは、各脱毛サロンの口コミや地域別の脱毛サロン情報、目的別おすすめ脱毛サロンのまとめ、脱毛サロンの選び方から脱毛方法の基礎知識など、 自分にあった脱毛サロンをみつけるために必要な情報をまとめています。人には聞きにくいムダ毛の悩み解消につながるサイトを目指しています!